本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

「空腹時間」が健康を決める(仮)

「空腹時間」が健康を決める(仮)
  • 書籍
判 型
B6判
ページ
176ページ
ISBN
978-4-405-09375-1
発売日
2019/07/31
定価
本体1,300円+税

内容紹介

空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れる本です。


【健康を決めるのは「血流」】
健康を決めるのは「血流」です。
血流が悪くなると、「だるい」「疲れる」「冷え」といった症状から始まり、「肌トラブル」「便秘・下痢」「肩こり」「頭痛」などの不調になります。さらに、悪化すると病気になってしまいます。


【1日3食は、食べすぎです】
多くの方は、1日3食をとっています。
しかし、1日3食は、食べすぎです。

食べたものを、体の中に消化・吸収するには、たくさんの血液が必要となります。食べたあと眠くなるのはその一例です。血液が胃腸に回されて脳の血流が減ってしまうために、食後にはうつらうつらしてしまうのです。

そうすると、他の部分に血液が回りません。とくに、毛細血管といわれる細い血管に血液が行き届かなくなり、血管に血液が全く回らなくなるゴースト血管(血管の幽霊化)になってしまいます。
すると、その周り部分には、血液を使って送られるべき酸素や栄養が届かず、いらなくなった老廃物の回収もできません。

その結果、「冷え」という症状が始まり、不調になり、最終的には病気へとつながってしまうのです。


【空腹が、血流を回復させます】
この血流をよくするために、一番効果が高いのは「空腹」です。
空腹の時間を多くすると、血流は一気に回復へと向かいます。
食べたものの消化・吸収に使われる血液が減り、そのぶん他のところへ栄養を運んだり、老廃物を回収したりすることができるのです。

不調や病気は、体の中の悪いものが排泄できないためになります。血流がよくなれば、体にとって不要な老廃物を排泄することができるのです。


【つらくない空腹時間の作り方】
「空腹はつらい」という印象があります。
そのような方でも、本書で紹介する方法を使えば、ラクに空腹の時間を長くすることができます。

空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れましょう!

著者紹介

石原結實

1948年、長崎市生まれ。イシハラクリニック院長。長崎大学医学部を卒業して血液内科を専攻。後に同大学院博士課程で「白血球の働きと食物・運動の関係」について研究し、医学博士の学位を取得。スイスの自然療法病院、B・ベンナークリニックやモスクワの断食療法病院でガンをはじめとする種々の病気、自然療法を勉強。コーカサス地方の長寿村にも長寿食の研究に5回赴く(グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員)。現在イシハラクリニック院長のほか、伊豆で健康増進を目的とする保養所、ヒポクラティック・サナトリウムを運営。著書は『生姜力』『「体を温める」と病気は必ず治る』、石原慎太郎氏との共著『老いを生きる自信』などをはじめ、300冊以上にのぼる。平成7〜20年まで「おもいッきりTV」に毎月1回程度出演。著書は韓国、中国、香港、マカオ、台湾、米国、ロシア、ドイツ、フランス、タイ各国で100冊以上が翻訳出版されている。テレビ、ラジオ、講演などでも活躍中。先祖は代々、鉄砲伝来で有名な種子島藩の御殿医。

イシハラクリニック副院長。
 「主治医が見つかる診療所」「林理の今でしょ!講座」など、テレビ出演多数。
書籍も13万部超の『蒸しショウガ健康法』をはじめ、ベストセラー多数。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

入力内容をご確認ください