本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

著者情報

岡本隆司(オカモトタカシ)

京都府立大学教授。
1965年、京都市生まれ。現在、京都府立大学教授。京都大学大学院文学研究科東洋史学博士後期課程満期退学。博士(文学)。宮崎大学助教授を経て、現職。専攻は東洋史・近代アジア史。
著書に『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』(東洋経済新報社)、『近代中国と海関』(名古屋大学出版会・大平正芳記念賞受賞)、『属国と自主のあいだ』(名古屋大学出版会・サントリー学芸賞受賞)、『世界のなかの日清韓関係史』(講談社選書メチエ)、『李鴻章』『袁世凱』(岩波新書)、『近代中国史』(ちくま新書)、『中国の論理』『東アジアの論理』(共に中公新書)、『中国の誕生』(名古屋大学出版会・樫山純三賞、アジア太平洋賞受賞)、『清朝の興亡と中華のゆくえ』(講談社)、『世界史序説』(ちくま新書)、『近代日本の中国観』(講談社選書メチエ)、『増補 中国「反日」の源流』(ちくま学芸文庫)など多数。

1件中 1-1
判 型
四六判
ページ
192ページ
ISBN
978-4-405-12010-5
発売日
2020/06/16
定価
本体1,300円+税

見るだけで、「中国(人)の今」を歴史・文化を含めて「会話・説明」ができるように、
最低限おさえておきたいキーワード・事柄が特別な図解でわかる

オンライン書店で購入する
  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
1件中 1-1
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧