本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

サクッとわかる ビジネス教養 中国近現代史

サクッとわかる ビジネス教養 中国近現代史
  • 書籍

見るだけで、「中国(人)の今」を歴史・文化を含めて「会話・説明」ができるように、
最低限おさえておきたいキーワード・事柄が特別な図解でわかる

判 型
四六判
ページ
192ページ
ISBN
978-4-405-12010-5
発売日
2020/06/16
定価
本体1,300円+税

内容紹介

中国関連の著書を多数持つ、中国史学の第一人者、岡本隆司先生が伝授!
今の中国をきちんと理解するためには、中国の歴史を知ることが必要です!
本書の特別な図解を見れば、中国と中国史が理解できます!


○中国のニュースが、特別な図解を見るだけで理解できます!
本書は、特別な図解を見るだけで、中国と中国史が理解できます。その結果、現代の中国や中国人の言動をしっかりと理解でき、中国関連ニュースがわかり、その話題について、会話・説明することができます。

たとえば、

 ・なぜ、中国は、国連裁定を平気で無視して、尖閣諸島や南シナ海に手を出すのか?
 ・なぜ、香港デモが起こっているのか?
 ・中国は、なぜ新疆ウイグルやチベットを弾圧するのか?
 ・なぜ、中国の国民は、言論統制を受け入れられるのか?
 ・社会主義なのに、なぜ貧富の差が、あそこまで極端なのか?
 ・なぜ、中国人は列に並ばないのか?
 ・一帯一路を掲げる中国の思惑とは?
 ・あれほど反日だった中国が、なぜ今は親日なのか?

など、日本人にとって理解できないことが少なくありません。

ところが、中国の歴史、とくに近現代史を知れば、このような事柄も、しっかりと理解できます。

たとえば、中国では、自分が中心と考える中華思想・朝貢主義という考えをベースに持っています。
だからこそ、国連裁定を平気で無視して、尖閣諸島や南シナ海に手を出します。

また、新疆ウイグルやチベットの弾圧は、隣国との設置地域を奪われた「瓜分」という歴史からきています。

このような歴史を知っていれば、現代の中国の常識を把握できます。


本書は、このような現代の中国の常識を、特別な図解を見るだけで理解できます。


○中国史学の第一人者が伝授!
『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』(東洋経済新報社)、『近代中国史』(ちくま新書)、『中国の論理』(中公新書)、『清朝の興亡と中華のゆくえ』(講談社)などの著書を多数持つ、中国史学の第一人者が伝授します。
中国史学のプロのアイデアが詰まっているからこそ、本当の中国を知ることができます。

著者紹介

京都府立大学教授。
1965年、京都市生まれ。現在、京都府立大学教授。京都大学大学院文学研究科東洋史学博士後期課程満期退学。博士(文学)。宮崎大学助教授を経て、現職。専攻は東洋史・近代アジア史。
著書に『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』(東洋経済新報社)、『近代中国と海関』(名古屋大学出版会・大平正芳記念賞受賞)、『属国と自主のあいだ』(名古屋大学出版会・サントリー学芸賞受賞)、『世界のなかの日清韓関係史』(講談社選書メチエ)、『李鴻章』『袁世凱』(岩波新書)、『近代中国史』(ちくま新書)、『中国の論理』『東アジアの論理』(共に中公新書)、『中国の誕生』(名古屋大学出版会・樫山純三賞、アジア太平洋賞受賞)、『清朝の興亡と中華のゆくえ』(講談社)、『世界史序説』(ちくま新書)、『近代日本の中国観』(講談社選書メチエ)、『増補 中国「反日」の源流』(ちくま学芸文庫)など多数。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

入力内容をご確認ください