新星出版社

トップ  > 料理  > 料理  > レシピ  > 糖尿病がよくなる!食べる順番療法

トップ  > 健康・家庭の医学  > 食生活・食事療法・栄養  > 食事療法  > 糖尿病がよくなる!食べる順番療法

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

カロリー計算なし 糖尿病がよくなる!食べる順番療法 野菜から食べたら、血糖値が下がった!

カロリー計算なし 糖尿病がよくなる!食べる順番療法 野菜から食べたら、血糖値が下がった!
  • 書籍
  • 品切れ
判 型
A5判
ページ
192ページ
ISBN
978-4-405-09208-2
初版発行日
2011/07/04
定価
本体1,300円+税

※この本は品切れです。入荷の予定はありません。

内容紹介

糖尿病の治療は、食事療法ありきですが、レシピの計算の難しさだけでなく、血糖値の管理の難しさもあり、患者さんへの負担は大きいものとなっています。
本書では、食べる順番を変えるだけで驚くほど血糖値が下がる!という画期的な食事療法を紹介。レシピ付きなので、理論だけでなく、即実践できます。

著者紹介

医療法人社団啓政会「梶山内科クリニック」院長。京都府立医科大学客員講師。医学博士。糖尿病専門医・指導医、日本糖尿病学会学術評議員など。京都府立医科大学卒業。京都市立病院糖尿病・代謝内科部長を経て、2004年に梶山内科クリニックを開業。食べる順番による血糖値の変化に着目し、エビデンスに基づいた「食べる順番療法」を考案。「ためしてガッテン」、『日経ヘルス』などで紹介されている。

今井佐恵子:京都女子大学家政学部 食物栄養学科教授。管理栄養士、農学博士、日本糖尿病療養指導士など。同志社女子大学家政学部食物学科卒業。京都市内の西陣病院に管理栄養士として勤務。2003年に京都府立大学大学院にて農学博士を取得。大学で管理栄養士の教育に携わりながら、梶山内科クリニックにおいて糖尿病食事療法の指導および研究を続ける。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須