本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

「背景」から考える 気になる子の保育サポートブック

「背景」から考える 気になる子の保育サポートブック
  • 書籍

若手保育者必見! 気になる子へのサポートをていねいに解説しました

判 型
AB判
ページ
160ページ
ISBN
978-4-405-07294-7
発売日
2019/08/09
定価
本体1,700円+税

内容紹介

どの園やクラスにもいる“気になる子”
さまざまな背景に対応するサポート実例を紹介

【こんな気になる子いませんか?】
・落ち着きがない子
・集中力がない子
・乱暴な行動が多い子
・理解がゆっくりな子
・不器用な子
・こだわりが強い子
・パニックを起こしやすい子
・切り替えが苦手な子
・おとなしい子
・感覚が敏感・鈍感な子

同じ「落ち着きがない子」でも、筋力が弱くてじっと座ることができないのか、切り替えが苦手で落ち着いて活動ができないのか、背景がちがえば、サポートの方法もことなります。
目の前にいる一人ひとりの子どもと向き合い、最適なサポートを考えるヒントを紹介します。

★コピーしてすぐに使える付録が豊富!
 ・気になる子の分析&サポートシート(保育日誌)
 ・気持ち&体調カード
 ・声の大きさ表&気持ちメーター
★明日からすぐに実践できる! 「気になる子が過ごしやすい環境づくりアイディア」
★各章のはじめには、わかりやすい導入マンガ付き
★チャートで段階がわかる! 充実の保護者対応

目次

1章 “気になる子”を知ろう
2章 “気になる子”のサポート方法
3章 周囲と連携しよう

著者紹介

清瀬市が設置し、社会福祉法人嬉泉が管理・運営する発達支援・交流センター。「地域と連携・交流しながら地域に暮らす親子をささえる」を基本理念として、0~18 歳の発達に不安を持つ本人や家族、関係者を対象に相談支援・発達支援・療育支援を実施。また、保育園・幼稚園・学校でよりよいサポートができるよう、巡回相談支援や支援会議、研修などもおこなっている。

本書の執筆にあたっては、下記2名が携わっている。
・岩澤寿美子(いわさわ・すみこ) センター長
 臨床発達心理士、精神保健福祉士
・西村和久(にしむら・かずひさ) 主任
 臨床心理士、公認心理師

医療監修:木村一優(きむら・かずまさ)
児童精神科医師。医療法人社団新新会 多摩あおば病院勤務。児童精神医学が専門。著書に『現代児童青年精神医学』(共著、永井書店)。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

入力内容をご確認ください