本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

ガリレオ工房の科学マジック

ガリレオ工房の科学マジック

カンタンにできて、インパクトが凄い!子どもにウケて大人もハマる科学をつかった手品が満載!

判 型
A5判
ページ
176ページ
ISBN
978-4-405-07136-0
初版発行日
2011/06/08
定価
本体1,200円+税

内容紹介

家庭でも簡単に出来る、科学の原理を用いた不思議なマジックを紹介。身近にあるものしか使っていないのに、オッ!と子供や大人の目が輝くような不思議な現象が次々に起こります。誰しも目の前で展開する数々の不思議な現象に驚く事は間違いなし。
その上、なぜそうなるのか?といった疑問に答える科学的なタネあかしの解説を盛り込み、物理現象についても「なるほど!」と学べる1冊!「素直な驚き」は脳ミソの栄養になる・・かも!?社団法人日本図書館協会選定図書。
<主な内容>
1.身近なものでできる(11テーマ):紙の筒の上に立つ/持ち主がわかるペン/消えるストローの中身 etc.
2.驚き・変化がある(13テーマ):はずむシャボン玉/舞い上がる紙の筒/水で青空と夕焼けをつくる etc.
3.みんなで体験できる(15テーマ): 悲鳴をあげるスプーン/タイムマシン/50円玉で白黒をカラーに etc.
4.準備・時間が必要(9テーマ):グラスにそそぐと凍る水/水がどんどん白い物体になる/プラスチックは浮かぶ? 沈む? etc.
<本書の特徴>
マジック披露の手順とマジック前の準備を、カラー写真でていねいに解説。マジックに隠された科学の原理を解説するページもあり、大人が楽しめるはもちろん、子どもと一緒に考えながら、子どもの科学への興味を引き出すこともできる内容です。

著者紹介

ガリレオ工房:教師を中心にジャーナリスト、研究者、学生などで構成する科学実験の研究・開発グループ。そのユニークで独創的なアイデアや方法は、各界で高い評価を受けている。雑誌・新聞などでの発表のほか、テレビの科学番組にも企画協力している。また、全国各地での実験教室やサイエンスショーも手がけている。
2002年に吉川英治文化賞受賞。同年、NPO法人として認可される。 『科学あそび』『中学生eco〈エコ〉の自由研究』『キッチン*おもしろ自由研究』(永岡書店)など著者多数。

滝川洋二(元・東京大学教養学部客員教授):NPO法人ガリレオ工房理事長。日本テレビの「世界一受けたい授業」のほか、「平成教育委員会 夏休み自由研究スペシャル」の「実験」のコーナーなどの解説者として現在でも活躍。福山雅治さん主演のドラマ『ガリレオ』・映画『容疑者Xの献身』などの実験監修をした。NECが運営する理科学習のイベント、『ガリレオクラブ』を共催。科学館などでの実験教室、サイエンスショーの高いノウハウを持つ。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

入力内容をご確認ください