新星出版社

トップ  > スポーツ  > ゴルフ  > ゴルフ  > ゴルフ スイング最終形

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

SHINSEI Health and Sports ゴルフ スイング最終形 50歳・60歳・70歳でも飛距離は伸びる

SHINSEI Health and Sports ゴルフ スイング最終形 50歳・60歳・70歳でも飛距離は伸びる
  • 書籍

60歳を過ぎても、力がなくても飛距離は伸びます。

判 型
新書判
ページ
176ページ
ISBN
978-4-405-08706-4
初版発行日
2022/07/13
定価
1,078円(本体980円+税)
カートに入れる
オンライン書店で購入する
  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

内容紹介

筋力落ちたシニアでも、非力な人でも、まだまだ飛距離は伸びる!

40歳、50歳を過ぎると、加齢による筋力の衰えから飛距離がどんどん落ちてくるもの。
果たしてそれは普通のことでしょうか。
確かに筋力は衰えますが、クラブの性能は上がり、それに合わせたスイングをすれば、まだまだ飛距離を伸ばせるということをお忘れなのではないでしょうか?

還暦を目前にドラコンに参加を開始した新井真一プロが実現。
スイングの考え方を変えたことで、低下していた飛距離があわや300ヤードを記録。
飛躍的に向上しています!

プロとはいえ、年齢に伴う筋力の衰えは一般の方々と同じです。
若い頃のような、上から打ち込むスイングは難しくなりました。

PGAはもとより、国内のプロの間でも昨今よく耳にする「シャローイング(浅い角度でインパクトするスイング)」には大きな落とし穴が……。
今までのようにフォームにこだわってスイング改造するとスイングは崩壊してしまいます。

まずは今までのゴルフのスイングの概念をなくすことが大切です。
そもそも、スイング動作はゴルフに特化されたものではありません。
他のスポーツや生活の中にもある、すべての「スイング動作」に共通する「ユニバーサル」なものであるはずです。

著者紹介

1963年東京都生まれ。株式会社TRUE1代表。日本大学ゴルフ部出身。日本プロゴルフ協会会員。日本ボディトレーナー協会ゴルフ部代表。リフレッシュグループ・ナチュラルゴルフ主宰。スポーツインダストリーゴルフスクールダイレクター。
国内ツアーハーフ最小スコア28の記録保持者。プロとして様々な国内外ツアー経験後、USPGAツアー、シニアツアーで活躍していたカルロス・フランコ選手のキャディを経験。初心者やジュニアから上級者まで数多くのレッスンをもとに独自の理論を確立して指導している。

編集担当コメント

今こそ、飛んで曲がらないスイングを手に入れましょう!

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須