新星出版社

トップ  > 趣味・教養  > 雑学  > 大人のための図鑑シリーズ  > 毒と薬

トップ  > 趣味・教養  > 自然科学  > 自然科学  > 毒と薬

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

大人のための図鑑 毒と薬

大人のための図鑑 毒と薬
  • 書籍

【脳研究者・池谷裕二氏絶賛!】薬物は時として脳を虜にする!その活用の歴史から犯罪事件までを広くカバーした決定版!

判 型
A5判
ページ
224ページ
ISBN
978-4-405-10805-9
初版発行日
2015/04/16
定価
本体1,500円+税
シリーズ
大人のための図鑑シリーズ
カートに入れる
オンライン書店で購入する
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • 楽天ブックス

内容紹介

本書は、「毒とは何だろう?」「薬と上手につきあうには?」「なぜ薬に依存してしまうのか?」「毒はどのように発見されていったのか?」など、そんな素朴な疑問を、物質の化学構造についての基礎知識をおさえ、「毒」や「薬」の文化的・歴史的背景も含めてわかりやすく解説。
実は生物を死に至らしめるような「毒」と、病を治す「薬」は同じもの。すべての物質は時には毒にもなり、時には薬にもなる。一体どういうことなのか?わずかな量ですぐに人を死にいたらしめる毒もあれば、じわじわと効いて長い時間をかけて毒性が現れるものもある。
例えば猛毒をもつ植物の「ケシ」。このケシからつくられる麻薬の「アヘン」は、清王朝のような一つの国家が破滅するほどの事件になった一方で、痛みを抑える強力な鎮痛剤として医療に不可欠な「モルヒネ」を生んだ。ところが、そのモルヒネの成分を悪用すると、最悪の麻薬といわれる「ヘロイン」を生む。
また、身近にある水すら、大量摂取は死をもたらし、毒と戦う抗生物質にも同じことが言える。
人類は歴史の中で、「毒」と「薬」を時には健康のために、時には殺人や快楽のために使ってきた。こうした「毒」と「薬」の正体について知り、上手く使うことで、私達は長く健康に生きることができる。
この本では、自然毒から兵器としての毒、薬との付き合い方をはじめ、快楽と幻覚に溺れさせて「心」を壊す、麻薬のメカニズムについても図解。
科学的に毒と薬の正体に迫る1冊。

著者紹介

星薬科大学 薬品毒性学教室 教授。薬学博士。1949年生まれ。山形県長井市出身。星薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了。

日本における依存性薬物や医療用麻薬研究の第一人者で、世界保健機関(WHO)の薬物依存性専門委員会委員を務める。著書に『薬物依存研究の最前線』(1999)、『緩和治療 痛みの理解から心のケアまで』(2010)、監修書に『毒学教室』(2011)など。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須