新星出版社

トップ  > 生活・暮らし  > 冠婚葬祭・マナー  > マナー  > 敬語手帳

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

とっさに使える 敬語手帳

とっさに使える 敬語手帳
  • 書籍
  • 電子版

300例以上の敬語を紹介しているため、読み進めるだけで、どんどん敬語力がつく

判 型
四六判
ページ
176ページ
ISBN
978-4-405-10358-0
初版発行日
2020/04/13
定価
本体1,000円+税
カートに入れる
オンライン書店で購入する
  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
電子書店で購入する
  • Amazon
  • kobo
  • honto
  • kinoppy
  • BookLive
  • セブンネットショッピング
  • iBooks
  • GooglePlay

内容紹介

【敬語って大切です!】
コミュニケーションの基本は、相手を思いやることです。
相手を、一人の大切な人として敬い、思いやることが、人間関係のベースだからです。

そのときに欠かせないのが「敬語」。
敬語は、「相手を敬っている」ことを伝えるツールであり、「相手を尊重している証」です。
敬語を正しく使うことができれば、「相手を敬っていること」が伝わりますが、正しい敬語を話せなければ、「相手のことを敬っていない」と勘違いされてしまいます。

とくに、ビジネスの世界では、敬語は必須です。
敬語を使うことが苦手な人は、ビジネスマンとしてハンディを背負うことになります。
「敬語ができない=仕事ができない」と考える人が少なくないからです。


【たくさんの事例】
本書は、1ページに3例を掲載しているため、たくさんの敬語を紹介しています。そのため、たくさんのシチュエーションで使われる敬語を覚えることができます。

多数紹介している敬語の中には、敬語にすることがむずしいシチュエーションの表現も含まれています。
その結果、ある程度、敬語を話すことができる人が、「この場合、なんて言えばいいんだろう?」と迷ってしまう敬語の表現も身につけることができます。


【イラストがふんだん】
本書は、大見出しごとにイラストを入れていますので、その場、その場のシチュエーションで使われる敬語をイメージしやすくなっています。結果、敬語が頭に入りやすくなっています。


【言い換え表現、関連表現】
本書は、正しい敬語以外にも、「言い換え表現」や「関連表現」も紹介していますから、敬語表現の幅が広がります。
そのため、ある程度、敬語を話すことができる人にも役立ちます。
正しい敬語だけでなく、さらに大人として、美しいモノの言い方が身につきます。


ですから、本書では、敬語をイチから学びたいという敬語初心者から、敬語中級者にもピッタリの一冊です。


※本書は、『敬語の教科書1年生』(2016年、弊社刊)の判型を変え、加筆・変更したものです。

著者紹介

産業能率短期大学、専修大学卒業。総合商社の常務付秘書、専門学校の秘書科講師を経て、平成3年にクロスポイントを設立。現在、産業能率大学兼任講師として企業監修、秘書検定講座、ビジネス講座など稼働中。日本ビジネス実務学会所属、秘書・サービス教育学会監事。秘書検定準1級面接試験委員、ビジネス実務マナー検定試験委員、サービス接遇検定運営委員を経て、現在、実務技能検定協会評議員。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須