新星出版社

トップ  > ビジネス・マネー・法律  > ビジネス  > ビジネス全般  > 経費で落ちる領収書・レシートがぜんぶわかる本

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

経費で落ちる領収書・レシートがぜんぶわかる本

経費で落ちる領収書・レシートがぜんぶわかる本
  • 書籍
  • 電子版
判 型
A5判
ページ
192ページ
ISBN
978-4-405-10348-1
初版発行日
2019/12/02
定価
本体1,400円+税
カートに入れる
オンライン書店で購入する
  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
電子書店で購入する
  • Amazon
  • kobo
  • honto
  • kinoppy
  • BookLive
  • セブンネットショッピング
  • iBooks
  • GooglePlay

内容紹介

個人事業主、フリーランサー、一人会社の社長、副業をしている方、必見!

あなたは、税金を払いすぎています!

本書を読めば、経費にできるモノ(節税になるモノ)、できないモノがわかります!


【経費として認められる方法がわかる!】
経費にできるモノの基本は「事業に必要かどうか」ですが、本当に認められるためには、そのことを「証明する」必要があります。
事業に必要なことをきちんと証明することができれば、それはすべて経費になります。
このことを知らずに、経費として処理できないモノが増え、結果、税金を多く払っている人は少なくありません。
本書では、どうすれば事業に必要なことを証明でき、経費として認められるかがわかります。

【消費税の節税もできる!】
2019年10月から、消費税があがりました。
本書は、この消費税の節税方法もわかります。軽減税率への対応の仕方をはじめ、インポイス制度など、消費税の面でも、きちんと経費として認められるための証明に仕方もわかります。

【迷いそうな事例が満載!】
本書では、経費にできるのか、できないのか、迷いそうな事例を多数挙げています。
たとえば、

 ・「上様」の領収書をもらったとき
 ・宛名が空白の領収証をもらったとき
 ・クレジットカードを使ったとき
 ・SuicaやPASMOなどを使ったとき
 ・自宅を事業で使ったとき
 ・海外出張と海外旅行が交じっているとき
 ・キャバクラ、風俗などに行ったとき
 ・将来の投資として、英会話教室に通ったとき

などなどの証明の仕方がわかります。

だからこそ、領収書・レシートが経費として認められるのです。

本書は、個人事業主、フリーランサー、一人会社の社長、副業をしている方にとって、
よけいな税金を払わないための、必見の一冊です。

著者紹介

税理士。
中央大学法学部法律学科卒。
平成19 年に、共同で税理士法人ゼニックス・コンサルティングを設立。
学生時代から培った「リーガルマインド」を原点に、企業に内在する会計・人事・社内コンプライアンス等の諸問題を横断的に解決する専門家として活躍している。著書に『改訂4版 個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本』(新星出版社)などがある。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須