新星出版社

トップ  > 生活・暮らし  > 生活・暮らし  > 生活・暮らし  > 親の家を片づける、整理する

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

親の家を片づける、整理する

親の家を片づける、整理する
  • 書籍
  • 品切れ
  • 電子版

親の家の片づけは大変! 直面した人だけでなく、その可能性がある人も備えておきましょう

判 型
A5判
ページ
160ページ
ISBN
978-4-405-10254-5
初版発行日
2015/03/19
定価
本体1,300円+税

※この本は品切れです。入荷の予定はありません。

電子書店で購入する
  • Amazon
  • kobo
  • honto
  • kinoppy
  • BookLive
  • セブンネットショッピング
  • iBooks
  • GooglePlay

内容紹介

親が亡くなった人、親と同居することが決まった人、親が施設に入った人。このような人たちが直面するのが「親の家の片づけ」です。
経済成長の日本とともに生きてきた親の世代にとって、モノはとても大切。「モノを持つことこそ、豊かになること=幸せの象徴」という世の中の流れに乗ってきた世代だからこそ、家の中にモノがあふれ、膨大な量になっています。
それらを片づけることは簡単ではありません。しかも、それらを片づけるのは、仕事や子育てに忙しい世代。さらに、親の家には、思い出が染み込んだものでいっぱい!結果、何から手を付ければいいのか分からず、途方に暮れてしまいます。
本書は、そんな問題に直面した方に向けた、片づける方法が分かる実用的な1冊。
まず「残すもの」と「処分するもの」を仕分ける具体的な方法を解説。
たとえば、衣類、バッグ、宝飾品、雑貨、家具、じゅうたん、本、写真・アルバム、人形、家電製品、パソコン、車……など、項目を細かく分け、それぞれの仕分けのやり方を具体的に紹介。
また「誰がやるのか?」についても丁寧に解説。親の家が近くにある人、親の家が遠方にあり頻繁に行き来できない人、一人っ子、兄弟がいる人、親の兄弟がいる人など、協力者がいる人といない人の片づけ方も紹介しています。
本書の方法を実践すれば、親の家の片付けは、だれでも無理なくできるようになります!

著者紹介

もともと高齢者の終活をサポートする活動、原稿の執筆などを通して集まった有志メンバーからなる。高齢化と核家族化で高齢者のみの世帯が増加する中、体力の衰えや認知症の不安を抱えた親や、親を亡くした子ども世代の多くが直面する実家問題に大きな関心を持ち、実家の整理・片づけや、ゴミ屋敷の整理・片づけ、さらには遺品整理などの実情を取材している。

編集担当コメント

実際に、私個人の体験から、この本を企画しました。事前調査として、友人・知人を中心に、親の家の片づけを体験した人にヒアリングしました。

大変だったことを中心に、本書を作っていきました。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須