新星出版社

トップ  > スポーツ  > トレーニング  > トレーニング  > 4スタンス理論自重トレーニング

トップ  > スポーツ  > スポーツ理論  > スポーツ理論  > 4スタンス理論自重トレーニング

トップ  > スポーツ  > スポーツ全般  > スポーツ全般  > 4スタンス理論自重トレーニング

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

4スタンス理論自重トレーニング

4スタンス理論自重トレーニング

話題の4スタンス理論に則ったトレーニングで、最大限の効果を得る!

判 型
A5判
ページ
160ページ
ISBN
978-4-405-08684-5
初版発行日
2015/06/30
定価
本体1,300円+税
カートに入れる
オンライン書店で購入する
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • 楽天ブックス
電子書店で購入する
  • Amazon
  • kobo
  • honto
  • kinoppy
  • BookLive
  • セブンネットショッピング
  • iBooks
  • GooglePlay

内容紹介

人の身体の特性は4つのタイプに分けられます。当然トレーニングも、その人の身体に合わせて行わなければ最高のパフォーマンスを引き出すことなどできません。それどころか、何も知らないで行うトレーニングは危険ともいえます。
本書では、まず自分の身体を知る4スタンスチェックを行います。その後、自分の体重による負荷だけで、身体のポテンシャルを最大限引き出せるトレーニングを4つのタイプ別にそれぞれ紹介します。
全身を鍛え上げるための部位別のトレーニングで、着実にパフォーマンスが上がっていきます。
「今までの筋トレを4スタンス理論で進化させよう!」をコンセプトに、下記の内容を掲載しています。
【本書の内容】
カラダの仕組み
筋肉・トレーニングのメカニズム
4スタンス判別法
step1 基本姿勢
step2 ルーティーン・シュラッグ
step3 体幹系トレーニング(レッグレイズ、ボーンツイスト、ショルダーツイスト、キャット&ドッグ)
step4 スクワット系トレーニング(スクワット、ジャンピングスクワット)
step5 腹筋系トレーニング(シットアップ)
step6 背筋系トレーニング(バックエクステンション)
step7 腕立て系トレーニング(プッシュアップ、ワイドプッシュアップ、ダイヤモンドプッシュアップ)

著者紹介

スポーツ整体「廣戸道場」主宰。日常生活の動作からスポーツ競技、文化芸能における身体動作、コンディショニング、介護、リハビリテーション、栄養摂取まで総合的に指導するアドバイザー。整体施療家として一般クライアントからプロアスリートまで、30万人を超すケア実績。

ヒトの身体特性を4種類に分類する『4スタンス理論』を含む、動作における軸、個体別身体特性などを解明した総合身体理論『レッシュ理論 (REASH Theory)』を提唱。プロフェッショナル競技団体への総括的フィジカル・アドバイザリー契約および個のアスリートへのパーソナルトレーニング契約を展開中。水の特性を活かし、身体動作のパフォーマンスを向上させる水中身体トレーニング『ハイドロ・トーン』の指導。

一般社団法人『レッシュ・プロジェクト』代表理事。平成22年度よりJOC(日本オリンピック委員会)強化スタッフ。日本ゴルフツアー機構(JGTO)のアドバイザーとして強化合宿などで指導中。2013年、日本プロ野球千葉ロッテマリーンズとアドバイザリー契約。身体コンディショニングに関する著書多数。『ゴルフダイジェスト』誌「レッスン・オブ・ザ・イヤー2011」賞を受賞。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須