新星出版社

トップ  > 資格・検定  > 環境・安全・危険物・衛生  > 環境  > 気象予報士 過去問徹底攻略 改訂3版

トップ  > 趣味・教養  > 自然科学  > 自然科学  > 気象予報士 過去問徹底攻略 改訂3版

本を探す

詳細検索

ジャンル一覧

この一冊で決める!! 気象予報士 過去問徹底攻略 改訂3版

この一冊で決める!! 気象予報士 過去問徹底攻略 改訂3版

超難関『気象予報士』の資格習得のための総まとめに!過去問+出題傾向+反復練習で【合格】をGet!

判 型
A5判
ページ
448ページ
ISBN
978-4-405-03217-0
初版発行日
2013/12/16
定価
本体2,500円+税
カートに入れる
オンライン書店で購入する
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • 楽天ブックス

内容紹介

超難関「気象予報士」の学科試験クリアをめざす方を対象に、問題を解きながら絶対はずせない知識をまとめてわかりやすく、懇切丁寧に解説。
気象予報士試験に実際に過去に出題された問題を徹底分析。最新の頻出問題をピックアップし、分野ごとに詳しく解説。すぐにチェック解答・解説がチェックできる見開き構成。
総まとめにも最適!「過去問+出題傾向+反復学習」で、合格をGetできる1冊。
平成25年8月30日から始まった特別警報など、気象予報士試験に出題される可能性の高い気象庁の新しい動きに対応した最新版。

著者紹介

1951年新潟県に生まれる。1973年新潟大学理学部卒業。気象庁に入り、気象課予報官、電気通信大学講師(併任)、企画課調査官を経て、1995年阪神大震災のときは神戸海洋気象台予報課長。その後、気象庁統計室補佐官、企画課技術開発調整官、海洋気象情報室長、福井・和歌山・静岡地方気象台長などを経て東京航空地方気象台長で退官(昭和57年から平成元年まで電気通信大学短期大学部併任)。現在、青山学院大学非常勤講師で気象予報士、減災コンサルタント。

著書は『台風物語』『続・台風物語』『防災担当者のみた阪神淡路大震災(以上、日本気象協会)』、『イラストでわかる天気のしくみ』『図解 地震のことがわかる本』『お天気用語事典』(以上、新星出版社)、『海洋気象台と神戸コレクション』(成山堂)、『お天気ニュースの読み方・使い方』『大人の算数・数学再学習』(以上、オーム社)、『東日本大震災-日本を襲う津波と地震の真相-』『大気現象と災害』(以上、近代消防社)など多数。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須