本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

会社の数字の基本のキホン

会社の数字の基本のキホン
  • 書籍
  • 品切れ
  • 電子版
判 型
新書判
ページ
224ページ
ISBN
978-4-405-10274-3
発売日
2016/03/11
定価
本体680円+税

※この本は品切れです。入荷の予定はありません。

内容紹介

景気が良くなろうがウハウハなのはホンの一部の人だけ。今は本当に生き残るのが厳しい時代です。

そんな厳しい時代でも、たとえ景気がさらに悪くなろうと、きちんと生き残れている人、将来にも不安がない人たちがいます。
どのような人でしょうか?

それは「数字に強い人」です。
ビジネスマンとして生き残る人、上に上がっていく人の共通項は「数字に強い」ということです。

もちろん、それ以外の能力も必要でしょう。コミュニケーション力や企画力といったことは大切な要素ですし、業界の専門スキルも生き残っていくために大事なものでしょう。

でも、それだけでは危険です。
会社は「結果」を求めるからです。
「結果」を出せない人、会社に「貢献」できない人はクビ切り候補にあがってしまう時代なのです。

この「結果」や「貢献」は、【数字】というモノで測られます。

だからこそ、「数字」というモノに対して、最低限の知識を持っておかなければ、自分の身を守ることはできないのです。

反対に、ビジネスマンとして生き残る人、上にあがっていく人に共通していることは「数字に強い」ことです。
どんな業界にいても、必要になるスキルが「数字に強い」ことなのです。

本書は、「数字」について、ビジネスマンが最低限知っておきたいことが書かれています。

それも、最初は「馬券でかせぐ」という誰もが理解できる事柄を使って、「会社の数字」を学んでいきます。
「馬券場までの電車代=会社では交通費」のようなわかりやすい例からスタートし、最後には決算書が読めるようになります。

社会で生きていくために必要な「数字」のキホンを、一から身につけられる一冊です。

著者紹介

慶應義塾大学経済学部卒。公認会計士、税理士。税理士法人ゼニックス・コンサルティング社員税理士兼CEO。1995年に独立して、尾立村形会計事務所を開業し、中小企業を中心に、税務業務などの会計サービスを展開。2007年に税理士法人ゼニックス・コンサルティングを設立し、CEOに就任。著書に『スラスラ読める 個人事業の経理』『スラスラ読める簿記』『スラスラ読める決算書』『小さな会社の資金繰り・資金調達のすべてがわかる事典』(いずれも新星出版社)、『社長のための非常識な会計のルール』(日本実業出版社)、『これだけは知っておきたい「決算書」の基本とルール』(フォレスト出版)、『日本一やさしい会社の設立と運営の学校』(ナツメ社)など多数。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

入力内容をご確認ください