本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

イチバン親切な 和食の教科書

イチバン親切な 和食の教科書
  • 書籍
  • 電子版

和食を作れるようになりたい! と思ったら。
大人のための料理の教科書。

判 型
B5変型判
ページ
224ページ
ISBN
978-4-405-09158-0
発売日
2008/02/04
定価
本体1,400円+税
シリーズ
イチバン親切な教科書シリーズ

内容紹介

包丁や鍋、お玉といった道具を揃えるところからはじまり、ごはんの炊き方、だしの取り方はもちろん、野菜の下ごしらえ・飾り切り、魚の下ろし方まで「和食」の基本を丁寧に解説しました。いつもどおり、すべてのレシピに材料の準備から仕上げまで、手順写真をつけて詳細に説明。失敗しないためのコツや、おいしく仕上げるポイントも随所に掲載。社団法人日本図書館協会選定図書。;

目次

◆第1章
和食の基本

 道具をそろえる
 ご飯を炊く
 だしを取る
 野菜の下準備をする
 野菜を切る
 魚をおろす
 調味料を使い分ける
 盛りつけの器を選ぶ
 献立を組み立てる

◆第2章
主菜

季節の野菜一覧

天ぷら
 和食のコツとポイント1
 山菜の下処理方法を覚えましょう
変わり揚げ
 和食のコツとポイント2
 料理をひきたてる“かいしき”いろいろ
お造り
 和食のコツとポイント3
 お造りの盛りつけをマスターして上級者に!
たたき2種
 和食のコツとポイント4
 包丁は日頃のお手入れが大切です
かきの土手鍋
おでん

 和食のコツとポイント5
 土鍋の使い方&お手入れ方法
たいのあら煮
ぶり大根

 和食のコツとポイント6
 落としぶたの賢い使い方
めばるの煮つけ
 和食のコツとポイント7
 便利な魚処理用具を活用しましょう
さばの味噌煮
味噌田楽
 和食のコツとポイント8
 味噌を上手に使い分けましょう
焼き魚3種
魚の漬け焼き3種
照り焼き2種

 和食のコツとポイント9
 味つけに困ったら使いたい、たれ6種
貝類の酒蒸し3種
豚の角煮
 和食のコツとポイント10
 献立に合わせて、青菜をチョイス!
鶏肉の竜田揚げ
 和食のコツとポイント11
 揚げ物料理の疑問を解決します
八幡巻き2種
 和食のコツとポイント12
 新鮮な食材の下準備は必須です

◆第3章
副菜

季節の魚介一欄

筑前煮
 和食のコツとポイント13
 お正月に欠かせない重箱の基本
ひろうす含め煮
 和食のコツとポイント14
 自宅でできる、手作り豆腐に挑戦!
乾物の煮物3種
 和食のコツとポイント15
 便利に使える乾物は食卓の強い味方
野菜の煮物3種
肉の煮物2種

 和食のコツとポイント16
 一口に煮物と言ってもいろいろあります
卵焼き3種
蒸し物2種
茶碗蒸し

 和食のコツとポイント17
 蒸し料理の基本を勉強しましょう

◆第4章
小鉢

季節の果物一覧

豆腐の小鉢2種
 和食のコツとポイント18
 栄養いっぱいのごまを食べましょう
おひたし3種
酢の物3種
和え物4種
煮豆3種
常備の煮物3種
きんぴら2種

 和食のコツとポイント19
 余り野菜は最後まで使い切る!

◆第5章
ご飯もの

季節の器一覧

おこわ2種
 和食のコツとポイント20
 電子レンジで作れる、簡単おこわ
寿司2種
 和食のコツとポイント21
 巻き方を工夫すれば、ステキなおもてなしに
ちらし寿司
 和食のコツとポイント22
 日本人の主食、米の種類を知りましょう
たい飯
豆ご飯

 和食のコツとポイント23
 炊き込みご飯、混ぜご飯のバリエーション
茶漬け2種
 和食のコツとポイント24
 日本茶は種類ごとに楽しみ方があります

◆第6章
汁もの

行事食&季節の酒カレンダー

味噌汁3種
 けんちん汁
 和食のコツとポイント25
 かつおぶしの削り方
吸い物3種
まつたけの土瓶蒸し
 和食のコツとポイント26
 味噌汁&吸い物のバリエーションを楽しみましょう
たいの潮汁
 和食のコツとポイント27
 日本全国、さまざまな汁もの料理

◆第7章
漬けもの

 ぬか漬け
 浅漬け
 らっきょう漬け
 甘酢漬け
 梅干し

著者紹介

池田幸恵料理教室で4年間師事。大阪阿倍野辻調理師専門学校卒業後、同校職員として12年間勤務。その間、フランス3つ星レストラン“ジョルジュ・ブラン”での研修をはじめ、辻調理師専門学校・大阪校、フランス・リヨン校、エコール・キュリネール国立校にてプロ料理人育成に勤める。1996年デリス・ド・キュイエール 川上文代西洋料理教室を主宰。辻調理師学校外来講師、企業のメニュー開発、各地で講演、雑誌、新聞などで活躍中。

編集担当コメント

きちんとした和食は手がかかるし、自分には無理と思っていましたが、切り方をちょっと変えたり、下ごしらえを少しだけ丁寧にやってみると、料理の仕上がりがぜんぜん違うのです。和食に興味が出てきた方に、ぜひ手にとっていただきたい! 少しずつレベルアップするのが実感できる1冊です。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

入力内容をご確認ください