本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

漢字の成り立ち辞典

漢字の成り立ち辞典
判 型
A6変型判
ページ
288ページ
ISBN
978-4-405-01130-4
初版発行日
2013/02/14
定価
本体1,200円+税

内容紹介

白川文字学に準拠した、漢字の成り立ちがわかるポケット版の事典。ふだん使う漢字の成り立ちについて読めば、目からウロコの発見がたくさんあります。イラストも入ってわかりやすい1冊です。
著者は、白川静先生がかつて最高顧問を務めていた日本文字文化機構(文字文化研究所)の伊藤直樹氏。

著者紹介

書家。号は、苔石(たいせき)。1962(昭和37)年、愛知県瀬戸市生まれ。現在、認定特定非営利活動法人日本文字文化機構理事。漢字普及認定講師として、親子漢字講座や教員研修などの活動を行っている。

1987(昭和62)年、前身の文字文化研究所が京都に設立される。2009(平成21)年、日本文字文化機構に改称。白川文字学に準拠するとともに、羅振玉(らしんぎょく)を初めとする古代文字学及び『説文解字』などの文献を検証し、漢字を身近に息づくものとして「新しい文字学」を確立。日本・中国において講演会を開催するなどの活動をしている。

この本へのご感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら

お名前(ハンドルネーム)※必須
メールアドレス
年齢
性別
都道府県
本文 ※必須
本を探す

キーワード検索

ジャンル一覧

入力内容をご確認ください